360年、毎日が創意工夫 歌舞伎座舞台株式会社360年、毎日が創意工夫 歌舞伎座舞台株式会社

 

最新情報最新情報

10月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『天竺徳兵衛新噺(てんじくとくべえいまようばなし)』では、水辺の景色もあります。葉っぱも、大道具が担当しています。


『松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)』「四ツ木戸火の見櫓の場」の道具です。細かいところにも、丁寧に雪を仕込んでいきます。

 ...続きを読む >>
2021.10.15

9月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『東海道四谷怪談』の隠亡堀の道具です。シュロの葉をひとつひとつ付けていきます。

『須磨の写絵』の松です。第一美術課の絵師が描いております。

 ...続きを読む >>
2021.09.16

8月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『鞘當(さやあて)』の舞台は、桜が満開です。


塗方(第二美術課)が、細かいところまで、丁寧にチェックして仕上げています。『義賢最期(よしかたさいご)』の舞台です。

 ...続きを読む >>
2021.08.10

7月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)』の道具です。集まって、なにやら相談中。


『蜘蛛の絲宿直噺(くものいとおよづめばなし)』の下手カコイです。しかけの多い演目です。

 ...続きを読む >>
2021.07.12

5月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)』の襖です。そばで見ると、結構大きいです。


『仮名手本忠臣蔵』「六段目 勘平腹切の場」の舞台です。畳も毎回、こうしてセットしています。慎重に、でも手早く!

 ...続きを読む >>
2021.05.16

4月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『団子売』の背景画。絵描き(第一美術課)ではなく、塗方と呼ばれる第二美術課が手がけております。

『桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)』。発端の場面から一転、「新清水の場」は、目がパキパキしそうな華やかな道具になります。

 ...続きを読む >>
2021.04.15

3月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『猿若江戸の初櫓(さるわかえどのはつやぐら)』の幕を準備しているところです。


『雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)』のカコイ。
このお芝居を見ると、やっぱりお蕎麦が食べたくなります(本物のお蕎麦を食べる場面があります)。

 ...続きを読む >>
2021.03.11

2月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
このたびは、新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)』の莨屋の屋体(やたい)を組み上げているところです。
えいやっ!と、みるみる屋根が引っ張り上げられていきました。


『神田祭』の所作台を敷いているところです。置く位置を見極めないと、きちんと敷くことができません。

 ...続きを読む >>
2021.02.11

1月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
このたびは、新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

『坂田藤十郎を偲んで 夕霧名残の正月(ゆうぎりなごりのしょうがつ)』の舞台です。


『悪太郎(あくたろう)』の舞台です。床には「所作台(しょさだい)」を敷き詰めています。

 ...続きを読む >>
2021.01.17

11月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前に行います。
このたびは、新型コロナウイルス感染拡大をうけて、さまざまな感染防止対策を行いながら、慎重に準備をしております。

【千畳(せんじょう)その1】畳の端をきれいにとめているところ。後ろに見える大広間は、半立体になっています。『一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)』。


【千畳(せんじょう)その2】この大広間、実は絵なんです。トリックアートみたいですね。『義経千本桜 川連法眼館』

 ...続きを読む >>
2020.11.15
1 / 1712345...10...最後 »
ページの上へ戻る