最新情報

  • 現場レポート

    6月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    『天保遊俠録(てんぽうゆうきょうろく)』の屋体を動かしているところです。

    『天保遊俠録(てんぽうゆうきょうろく)』の屋体を動かしているところです。

    『新薄雪物語』の「詮議」。よーく見ると、黒い柱のきわに赤い線がひいてあります。これは「玉縁(たまぶち)」といいます。少し赤が入ることで雰囲気が変わりますよね。塗方さんのお仕事です。

    『新薄雪物語』の「詮議」。よーく見ると、黒い柱のきわに赤い線がひいてあります。これは「玉縁(たまぶち)」といいます。少し赤が入ることで雰囲気が変わりますよね。塗方さんのお仕事です。

    『新薄雪物語』「詮議」。銀地に桜の絵。遠くからではあまり見えないような細かなところですが、根気よく手直しをしています!

    『新薄雪物語』「詮議」。銀地に桜の絵。遠くからではあまり見えないような細かなところですが、根気よく手直しをしています!

     ...続きを読む >>
    2015.06.13
  • 現場レポート

    5月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    歌舞伎十八番の内『蛇柳』の破風。よーく見ると、成田山のお札が貼ってありますよ。下手には3枚(写真)、上手に2枚あります。

    歌舞伎十八番の内『蛇柳』の破風。よーく見ると、成田山のお札が貼ってありますよ。下手には3枚(写真)、上手に2枚あります。

    『天一坊』の二幕目「本堂の場」。全体的に地味な色味の場面ですが、柱の上の方を見ると、ちょっとカラフルな部分があります。これは「剣垂(けんだれ)」と呼んでいます。

    『天一坊』の二幕目「本堂の場」。全体的に地味な色味の場面ですが、柱の上の方を見ると、ちょっとカラフルな部分があります。これは「剣垂(けんだれ)」と呼んでいます。

     ...続きを読む >>
    2015.05.25
  • 現場レポート

    5月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    『め組の喧嘩』

    『め組の喧嘩』。台にしているのは「箱馬(はこうま)」。これはまさに縁の下の力持ちで、非常に優れた道具のひとつです。

    「め組の喧嘩」

    『め組の喧嘩』の「芝居前」。

    合邦

    歌舞伎にはいろいろな植物が登場します。『合邦』では、池に蓮があります。造花の担当者が、思案しながら配置しております。

     ...続きを読む >>
    2015.05.16
  • 現場レポート

    4月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    祝幕

    四代目中村鴈治郎襲名披露のための「祝幕」です!

     

    六歌仙容彩

    『六歌仙容彩』「喜撰法師」の吊り桜(糸桜)です。これ、近くで見ると結構長いんですよねー。からまったりした部分を直したりしているところです。

    碁盤太平記

    『碁盤太平記』は、雪景色。ちょっと見えづらいですが、庭の垣根に大道具男子たちが雪を積もらせております。

     ...続きを読む >>
    2015.04.25
  • 現場レポート

    4月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    祝幕

    今月は襲名披露の公演ですので「祝幕」が使われています。 写真は、先月末の道具調べの際に、祝幕を吊る準備をしているところです。

    碁盤太平記

    『碁盤太平記』の竹本(音楽の一種)の山台(音楽演奏者が座るための台)です。 竹垣(写真左)の上半分がバッサリと折れて、雪の模様に変わります。この転換を「バッサリ」と呼んでいます。

    2_六歌仙_バッサリ

    『六歌仙容彩』の「バッサリ」、セッティング中です。上手と下手の2カ所あります。面積が広いので重そうですねー。 上半分がバッサリと折れて、室内から桜のある屋外へと一気に景色が変わります!

     ...続きを読む >>
    2015.04.17
  • 現場レポート

    4月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    芝居前

    『成駒家歌舞伎賑(なりこまやかぶきのにぎわい)木挽町芝居前の場 四代目中村鴈治郎襲名披露 口上』の仕込の様子。

    仮花道

    4月の歌舞伎座は、両花道です。花道は、いつもは下手側に1本ですが、上手側に「仮花道」が設置されて、2本になります。 写真は、仮花道に敷いた所作台をぞうきんで拭いているところです! 腕っぷしの強い男子たちが、ごしごし拭いたのできれいになりました。

    吉田屋

    『廓文章(吉田屋)』。長くて重いものを起こしているところで、左側の人が足で押さえて補佐しております。

     ...続きを読む >>
    2015.04.02
  • 現場レポート

    3月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    筆法伝授

    『菅原伝授手習鑑 筆法伝授』の最初の場面(菅原館の奥殿)です。金の襖は、絵描きの仕事場で描きますが、こうして舞台に飾った後に手直しをしていきます。 照明がまだ出来上がっていないので、少し暗いですね。金襖は、照明の調整がとても難しいそうですよ。

    賀の祝

    『菅原伝授手習鑑 賀の祝』の桜、松、梅の木です。これらの木も、大道具が担当しています。この木は風景としての役割だけでなく、芝居にも少し関わってきますね。

    「歌舞伎演目案内」というWEBサイトの「花と散った桜丸」の部分に、この場面の舞台写真が掲載されています。桜の前には、桜丸女房・八重、松の前には松王丸女房・千代、梅の前には梅王丸女房・春が座っています。

    【歌舞伎演目案内】『菅原伝授手習鑑』

    http://enmokudb.kabuki.ne.jp/repertoire/736

    寺子屋

    『菅原伝授手習鑑 寺子屋』の畳を敷いているところです。長いゴザのようなものを大道具では「上敷(じょうしき)」と呼んでいます(畳敷と表記することも)。畳の縁にもいろいろ種類があり、使い分けていますよ。寺子屋の場合は、黒縁です。

    上敷の使い分けについては、以前記事を作りましたのでそちらをご覧ください。
    【大道具の道具】その10 上敷(畳敷)その1
    http://kabukizabutai.co.jp/saisin/odougunodougu/1578/

     

     ...続きを読む >>
    2015.03.19
  • 現場レポート

    3月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    車引

    3月は『菅原伝授手習鑑』を通しで上演。写真は「車引(くるまびき)」の牛車です。

    筆法伝授

    「筆法伝授(ひっぽうでんじゅ)」。畳をみんなでゴシゴシと拭いております!

     ...続きを読む >>
    2015.03.03
  • 現場レポート

    2月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    吉例寿曽我

    『吉例寿曽我』の石段です。この大きな石段が後ろに倒れる「がんどう返し」という転換があります。 役者さんをのせたままで行いますので、みんなピリピリと神経をはっています。

    『吉例寿曽我』の吊枝の梅を整えているところです。

    一谷嫩軍記

    『一谷嫩軍記 陣門組打』で、使う「波幕(なみまく)」です。これも大道具の担当です。 幕一枚で、舞台が海になります。

     ...続きを読む >>
    2015.02.19
  • 現場レポート

    2月歌舞伎座公演の「道具調べ」の様子をご紹介します。「道具調べ」とは、本番通りに道具を飾ってきちんとできているかを確認したり、手直しをしたりするもので、初日の数日前などに行います。

    『一谷嫩軍記 陣門組打』

    『一谷嫩軍記 陣門組打』。単純な海にも見えますが、重層的な構造になっています。

    『神田祭』

    『神田祭』の背景画を手直ししているところです。

    『関の扉』

    持ち手の部分を長くしたオリジナルうちわ。桜や雪などを降らせる演目の場合、落ち損ねてひっかかったものを終演後にパタパタとはたいて、きれいにしています。別の演目のとんでもないときに、ハラリと落ちたりしたらいけませんからね。 (写真は『関の扉』終了後に撮影したもの)

     ...続きを読む >>
    2015.02.06
ページの上へ戻る